プロテクティブスニーカーお問い合わせサイトマップ

協会案内

日本プロテクティブスニーカー協会設立の趣旨

安全性能をうたった外国製スニーカータイプ作業靴の中に、あたかも「安全靴のJIS規格品」と誤解を与えるような表示をしたものや、安全性能や耐久性に問題のある製品が多く見受けられます。そこで、「プロスニーカー®と一般の作業スニーカーとの区別」を明確にし、「一定の安全基準や耐久性」を満足する製品を提供することを趣意として、平成13年10月、日本プロテクティブスニーカー協会(略称:JPSA)が設立されました。
現在は、公益社団法人日本保安用品協会(略称:JSAA)が制定するプロテクティブスニーカー規格を基準とする型式認定制度により、公的試験を実施し、プロテクティブスニーカー規格を満たした製品には公益社団法人日本保安用品協会(略称:JSAA)から正規なプロスニーカー®として型式認定合格証が付与されます。商品には型式認定合格証明票(通称:型式認定合格品タグ)を付け、個装箱には認定マークを表示、そして靴本体のベロ裏には型式認定合格の種別(A種/B種)並びに付加的性能を有する場合は、関連のピクトマークを表示しています。
このように性能試験の実施、型式認定制度の普及を通して、ユーザーの皆様が安全で安心な商品選びができるような環境づくりを行っています。

 

支持が広がるプロスニーカー®

型式認定合格のプロスニーカーは誕生以来、市場における占有率が拡大しています。

 

型式認定合格品プロスニーカーの生産量推移

 

 

JSAA型式認定制度と JSAA/JPSAの役割

平成13年に日本プロテクティブスニーカー協会規格(JPSA規格)が制定されたことにより、“プロテクティブスニーカー(プロスニーカー)”は誕生しました。今では、働く人の足もとの安全確保に欠かせない、一定の安全性能基準を有する作業靴となりました。団体規格としてスタートした新基準も徐々に市場の評価が高まり、現在は公益社団法人日本保安用品協会(JSAA)が制定する、より公益性の高い規格へとレベルアップされ、製品の型式認定制度の基準規格として普及しております。 また、日本プロテクティブスニーカー協会(JPSA)は、プロスニーカーに関する商品や技術面を担当する業界団体として、JSAA認定品の普及促進に取り組んでいます。

 

 

【関係法令】労働安全衛生規則

(安全靴等の使用)

第558条  事業者は、作業中の労働者に、通路等の構造又は当該作業の状態に応じて、安全靴その他の適当な履物を定め、当該履物を使用させなければならない。
2 前項の労働者は、同項の規定により定められた履物の使用を命じられたときは、当該履物を使用しなければならない。

 

◆作業内容に合わせて、JIS規格品の安全靴やJSAA規格認定品のプロテクティブスニーカーの着用をおすすめします。

※プロテクティブスニーカーは、安全靴に比べて甲被材や底材の自由度がある反面、使用環境によっては耐久性が劣る場合があります。

 

 

日本プロテクティブスニーカー協会

〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15
和光湯島ビル5階 公益社団法人 日本保安用品協会内

 

 

ページの先頭に戻る